このサイトを表示するにはJavaScriptを有効にしてください。

one-X Portal ユーザーガイド

one-X Call Assistant を使用して通話履歴にアクセスできます。アクセス後に、通話履歴を使用して折り返し電話をかけることができます。

toaster_call_log

 

通話履歴

表示される通話履歴は、ユーザー設定の一部として電話システムに保存されます。記録は最高 30 件まで保存され、制限に達すると新しい記録が古い記録と置換されます。ただし、同じ番号との繰り返しの通話については、既存の記録が更新され、記録の通話数だけが増えていきます。

着信時は、既定では、ユーザーが応答した、または誰からも応答されなかった、ユーザーに対する個人用通話(ハントグループ以外)のみが通話履歴に含まれます。

不在着信
応答しない通話ですが、ボイスメールが応答するか、対応する内線が不在着信として正常に記録されない場合の通話です ただし、電話システムの管理者は、不在着信のログを設定できます。

ハントグループの不在着信
既定では、応答したハントグループ通話のみが記録されます。ただし、電話システムの管理者は、選択したハントグループのうち不在着信となったハントグループの通話を通話履歴に含めるよう設定できます。

自動削除
古い通話履歴は、通話履歴の最大容量に達すると自動的に削除され、新しい通話履歴が追加されます。また、電話システムの管理者は、一定の期間が経過すると通話履歴が削除されるように電話システムを設定できます。

電話の通話履歴

1400、1600、9500、9600 シリーズの電話で[通話履歴][履歴]ボタンが搭載されている場合、または M シリーズや T シリーズの電話をお使いの場合、既定ではone-X Portalと同じ通話履歴が表示されます。電話またはone-X Portal から通話履歴を使用または編集することができます。これらは平行して切り替わります。

通話履歴がある他のタイプの電話をご使用の場合、それは電話機本体に保存された通話履歴であるため、one-X Portalで表示される通話履歴とは異なります。例えば、one-X Portalから発信された通話は電話機の通話履歴には表示されません。逆も同様です。

いずれの場合も、one-X は最大255件までの通話履歴を表示できます。

 

 

本ドキュメントで引用されているパフォーマンスに関する図表、データ、操作は一般的なものであり、特定の注文や契約に適用するには、アバイアの書面による特定の承認が必要です。アバイアは独自の裁量により変更または修正を加える権利を有します。本ドキュメントの情報を開示することで、アバイアやその他の特許またはその他すべての保護された権利を明示的に放棄することはありません。 ™, ® または © で特定されるすべての商標は登録商標または商標であり、各所有者に帰属します。

© 2020 AVAYA
バージョン 15.a1.-
2020年6月19日